健康ガイド

A.登園基準(1,2,3の順にご確認ください)

1.学校感染症について

  • 学校感染症に罹患された場合の登園基準は「学校保健安全法」が優先されます。
  • とびひ、水いぼ等は医師の診察を受けていただいた後は治療中であっても登園可能です。

2.嘔吐・下痢について

感染性胃腸炎の流行期には、医師から感染の恐れがないと診断を受けた場合を除き、最後に下痢・嘔吐した時から24時間は保育園の利用を控えてください。 

感染性胃腸炎の流行は園からお知らせをだしますが、「福井県感染症情報」でもご確認いただけます。

 ※医師から「おなかの風邪です」「胃腸風邪」ですと診断を受けた場合、感染性胃腸炎(ノロではない)を意味します。感染が広がる恐れがありますので、「おなかの風邪と言われたら」をご参照ください。

3.上記以外のとき

上記以外で登園してよいか迷ったときは、こちらのチェックリストを参考に出席の可否を判断してください。

B.お迎えの基準

お子さんの身体に異常がおきた場合は、お迎えをお願いします。

こんなときはお迎えをお願いしています

・発熱 ・水様便 ・2回以上の下痢 ・顔色が悪くぐったりしている
・腹痛、口内炎などで食事がとれない ・咳が止まらない
・嘔吐(流行期には咳とともに嘔吐した場合も含む) ・時間とともに発疹が増えている

感染性胃腸炎流行時は1回目の嘔吐・下痢でお迎えをお願いすることがあります。

出席ノートに書かれた緊急連絡先の優先順位が変わる場合や、連絡先が通常と異なる場合は、その都度お知らせください。

お仕事の都合などで常態的に保護者に連絡がつかないことが予想される場合は(祖父母など)どなたか連絡がつく方の電話番号をお知らせください。

(途中入園の方は名札は翌年度の4月にお渡しします)

保護者に連絡がついても迎えに来られない場合や連絡がつかない場合、かかりつけの病院が休みの場合などは、下記の嘱託医、協力医に連れていく場合がありますので、ご了解ください。

  • 内科 東武内科外科クリニック(嘱託医)
  • 歯科 ひの歯科クリニック(嘱託医) 

『児童調査票』にかかりつけの医院・保険証番号を記入してください。

C.お薬の取り扱いについて

保育者が保護者に代わって投薬しますが、『保護者の依頼』が必要です。
投薬を確実にするため、医師から処方された「薬1回分」「投薬依頼書」と一緒に、「処方された薬袋」に入れ、登園の際に、玄関の「クラス別薬入れ」に入れてください。

投薬依頼書について

園児名日付を記入し、保護者の印、または、サインを必ずお願いします。
※用紙は、玄関の小箱に備えてありますので、なくなったらその都度お持ち帰りください。

  • 午前9時の視診終了後は、各クラスの担任、副担任に直接お渡しください。
  • 解熱剤、市販薬(非処方薬)、日にちが過ぎたお薬はお預かりできません。
  • 「咳が出たら」「発作が出たら」というように症状を判断して与えなければならないお薬は、原則として都度保護者に連絡して、明らかな指示があったときだけ投薬します。
    (特殊なものに関しては個別にご相談ください)
  • 水薬は1回分だけ処方された容器に残して(入れて)持たせてください。

アレルギーの方は別途「生活管理指導表」の提出が必要になることがあります。

D.その他

  • 園児やご家族に事故や大ケガ、入院、感染症の罹患があった場合、保育園にご連絡ください。
  • インフルエンザ等については、園児に感染の疑いがでた時点でご連絡ください。
    必ず、医師の診断を受け、病名が確定した場合には登園のめやす(出席停止日数)を確認し、ご連絡ください。
  • 感染性胃腸炎流行期以外であっても24時間以内に2回以上下痢・嘔吐されている場合は登園できません。下痢・嘔吐が24時間以内に1回だけの場合でも、なるべく医師の診察を受けて、感染の恐れがないかどうか確認してから登園していただきますようお願いいたします。ご家庭で下痢・嘔吐をされたときは状況や症状を詳しくお知らせください。